発毛剤の働き

相談する恋人達

薄毛の予防や軽減のために使用される発毛剤や育毛剤。
これらは2つとも、薄くなってしまった髪の毛に働きかける物には間違いはありませんが、髪の毛に対しての働き掛け方が違ってきます。
その為、自分の髪の毛の状態をしっかり理解して、状態に合っている方を選択することによって、より効果を期待することが出来る事になります。

発毛剤とは、その漢字のごとく髪の毛を生やすという働くがあります。
老化などの薄毛の原因は老化によって血流が悪くなり、髪の毛を作るために必要な栄養が充分に得られないことにより、髪の毛が作られなくなるという事も挙げられます。
また、男性の薄毛には男性ホルモンも大きく影響していると言われています。
男性ホルモンには男性らしく体毛が濃くなるなどの作用があるため、分泌量が多ければ多いほど薄毛とは無縁…と思われがちです。
しかし、実際に髪の毛に与えてしまう影響というのはその逆で、男性ホルモンが多く分泌されることにより、髪の毛を作るために必要な細胞の働きを低下させてしまうことになると言われて
います。
この細胞の働きの低下は男性ホルモンの影響だけではなく、老化などによっても起こります。

発毛剤には血流を良くするといった効果や男性ホルモンの分泌を抑える効果、細胞を活発化させるといった効果があります。
商品によって多少異なりますが、このような効果によって髪の毛を生やすといったものが発毛剤になります。